×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イッツコムとは。ケーブルテレビを見るには

イッツコム(イッツ・コミュニケーションズ株式会社)では≪ケーブルテレビ放送局≫そして≪インターネット・サービス・プロバイダ≫としてのサービスを提供する東急グループの株式会社。一般に、イッツコムは『イッツコム、iTSCOM」』と呼ばれている。ケーブルテレビはテレビ放送としてのサービスを提供する事が主だったが、今では『イッツコム、iTSCOM」』のように『テレビ、電話、インターネットのプロバイダ(ネット回線の提供者:接続サービス)』・・・としてのサービスを提供する所や、また、放送局によっては、『ラジオ放送』視聴の提供をしている所もある。≪ケーブルテレビを利用するには。≫ケーブルテレビを利用するには、イッツコム『ミニ』(http://www.itscom.net/cabletv/mini/index.html)の場合、イッツコムのSTB(セットトップボックス)を利用する事で≪BS≫と≪地上デジタル≫は見れるが、NHK受信料は別途で支払う事になる。NHK衛星カラー受信料の場合『団体一括支払』で≪4,180円(2ヶ月払)≫



>>全米のケーブルテレビで繰り返し放送された作品。

地上デジタル放送は専用チューナーで見る

イッツコムで地上デジタル放送を見るためには≪STB(セットトップボックス)≫を利用する事になる。≪STB(セットトップボックス)≫はイッツコムが番組を見るために使用する『販売・レンタル』している、ケ=竄ニいうチュ=竄ニいう『ハードディスクレコーダーが内蔵されたSTB』 「Hit Pot」・・・・が必要になる。このそれぞれの≪STB≫は『見るだけタイプ』でレンタル料金が≪月、1,155円/台(税込み)≫購入で≪51,975円/台(税込み)≫録画できるタイプで≪月、2,520円/台(税込み)≫購入で≪87,150円/台(税込み)≫例えばSTBをレンタルしたとして、、、も、その他に月額利用料が840円必要。長い期間利用するなら、、、買った方がいいかも。元取れる頃には【レベルアップ新製品】が生み出されていそうだけど。どうなのかな。

地上デジタル放送はOFDMパススルー方式

インフォメーション・ページ(http://www.itscom.net/cabletv/news/041115.html)によれば、2004年の12月1日(水曜日)から地上デジタル放送OFDMパススルー方式で地上デジタル放送の配信を始めたそうだ。この方法のおかげで、イッツコムの≪ケーブルテレビジョンを提供する為の配線≫が自分が住む建物につながっていれば、STB(セットトップボックス)をレンタルしたり、購入しなくても、地上デジタル放送に≪対応しているテレビやレコーダー等の機器≫があれば、≪地上デジタル放送≫を≪見ることが出来る。≫デジタル放送のチューナーを内蔵したテレビは使用したことがないけれど、レコーダー(ハードディスク・VTS・DVD付き)を使用しようとしたとき、IC,,だか、、IDだか、、、なんかそういうピカピカ光ったものを利用したり、 ≪テレビ放送を見る為の周波数を合わせる初期設定≫が超〜メンドかった。じいちゃま。ばあちゃま。。はテレビ、見れなくなるのかな。もしかして、≪設置工賃≫見たいに≪料金取るサービス≫とかでてくるのかな。そう思うと、≪地上デジタルって不親切な企画だな≫ってついつい思ってしまう。

Copyright © 2008 東京・川崎のケーブルテレビ『イッツコム』